筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 情報サイト
  • HOME »
  • »
  • 厚生労働省「慢性疲労症候群の日常生活困難度調査事業」(H26)の調査結果

厚生労働省「慢性疲労症候群の日常生活困難度調査事業」(H26)の調査結果

■【update】厚生労働省による調査結果報告書

厚生労働省が2014年10月-11月頃に慢性疲労症候群患者の日常生活困難度調査を行いました。以下は厚生労働省からリリースされている調査結果です。

「慢性疲労症候群患者の日常生活困難度調査結果」報告概要

事業実施報告書 慢性疲労症候群患者の日常生活困難度調査事業

■2015年4月22日報告会資料

上述のアップデートに先立ち、2015年4月22日に議員会館で調査結果の報告会が行われました。慢性疲労症候群では身体症状がひどく深刻で、通常の日常生活から程遠い状態で何年間も生活していることが明らかにになりました。サマリーをピックアップして以下に記載しましたのでご確認ください。

Adobe_PDF_file_icon_24x24H26_慢性疲労症候群_日常生活困難度調査_報告会資料(1/2)
Adobe_PDF_file_icon_24x24H26_慢性疲労症候群_日常生活困難度調査_報告会資料(2/2)
※ファイルサイズが少々大きいため分割しています。

■患者概要
男性56名 女性195名(男女比22:78)
平均発症年齢 31±11.8歳
罹患期間 6.3±6.1年
重症30.2%、中等度35.1%、軽症31.5%

<発症に関する調査結果>
■考えられる発症要因(上位4項目
感染症 76名
発熱 68名
過労ストレス環境変化人間関係 58名
思い当たらない 51名

■発症時の症状(回答が80%を超えている項目)
肉体的精神的疲労
疲労回復しない睡眠障害
回復に24h以上かかり悪化傾向
一時的に動けない疲労
リンパ節の痛み
集中力低下

<症状に関する調査結果>
■6ヶ月以上継続している症状(上位5項目)
肉体的精神的疲労 88.8%
疲労回復しない睡眠障害 88.0%
回復に24h以上かかり悪化傾向 86.3%
体温調節障害 79.9%
広範囲な筋肉等の痛み 78.7%

■家事の後に寝たきりになる割合
重症 95.9%
中等度 73.6%
軽症 44.6%

■通院の後に寝込む割合
重症 95.7%
中等度 79.1%
軽症 58.0%

■歩行能
重症: 0m→15.3%、1-10m→27.8%、10-100m→31.9%、100-1000m→25%、1000m以上→0%
中等度: 0m→6.0%、1-10m→4.8%、10-100m→14.5%、100-1000m→50.6%、1000m以上→24.1%

■症状を悪化させる原因(複数回答可)(上位5項目)
無理せざるを得ない 72.3%
気圧季節の変化 55.2%
ストレス 51.1%
休養できない 49.8%
睡眠障害 46.2%

<闘病を取り巻く環境の困難さに関する調査結果>
■一番困っていること(上位5項目)
症状が耐え難い 63.7%
専門医がいない 49.7%
社会的孤立 46.3%
経済的 45.6%
病気への無理解44.6%

この実態調査の結果を踏まえて、バイオマーカーや治療方法に関する研究体制の強化、診察できる医療機関の増強など、闘病をとりまく環境が改善することを切に願います。

PAGETOP
Copyright © ME/CFS-info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.