筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 情報サイト

行政の対応・厚労省の調査

各都道府県の対応

各都道府県の対応
・青森県
慢性疲労症候群について|青森県庁ウェブサイト
・静岡県
慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)について
・岐阜県
岐阜県:慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)について
・大阪府
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)について

厚生労働省「慢性疲労症候群の日常生活困難度調査事業」(H26)の調査結果

厚生労働省が2014年10月-11月頃に慢性疲労症候群患者の日常生活困難度調査を行いました。以下は厚生労働省からリリースされている調査結果です。

■ 「慢性疲労症候群患者の日常生活困難度調査結果」報告概要

事業実施報告書 慢性疲労症候群患者の日常生活困難度調査事業

結果概要

■患者概要
男性56名 女性195名(男女比22:78)
平均発症年齢 31±11.8歳
罹患期間 6.3±6.1年
重症30.2%、中等度35.1%、軽症31.5%

<発症に関する調査結果>
■考えられる発症要因(上位4項目
感染症 76名
発熱 68名
過労ストレス環境変化人間関係 58名
思い当たらない 51名

■発症時の症状(回答が80%を超えている項目)
肉体的精神的疲労
疲労回復しない睡眠障害
回復に24h以上かかり悪化傾向
一時的に動けない疲労
リンパ節の痛み
集中力低下

<症状に関する調査結果>
■6ヶ月以上継続している症状(上位5項目)
肉体的精神的疲労 88.8%
疲労回復しない睡眠障害 88.0%
回復に24h以上かかり悪化傾向 86.3%
体温調節障害 79.9%
広範囲な筋肉等の痛み 78.7%

■家事の後に寝たきりになる割合
重症 95.9%
中等度 73.6%
軽症 44.6%

■通院の後に寝込む割合
重症 95.7%
中等度 79.1%
軽症 58.0%

■歩行能
重症: 0m→15.3%、1-10m→27.8%、10-100m→31.9%、100-1000m→25%、1000m以上→0%
中等度: 0m→6.0%、1-10m→4.8%、10-100m→14.5%、100-1000m→50.6%、1000m以上→24.1%

■症状を悪化させる原因(複数回答可)(上位5項目)
無理せざるを得ない 72.3%
気圧季節の変化 55.2%
ストレス 51.1%
休養できない 49.8%
睡眠障害 46.2%

<闘病を取り巻く環境の困難さに関する調査結果>
■一番困っていること(上位5項目)
症状が耐え難い 63.7%
専門医がいない 49.7%
社会的孤立 46.3%
経済的 45.6%
病気への無理解44.6%

この結果を踏まえて、バイオマーカーや治療方法に関する研究体制の強化、診察できる医療機関の増強など、闘病をとりまく環境が改善することを切に願います。

⇒障害者手帳を取得する

http://mecfsinfo.net/disabilitycertificate

海外の対応

■ 米国疾病対策センター(CDC)
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome)
https://www.cdc.gov/me-cfs/index.html
■ 米国国立衛生研究所(NIH)
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome)
https://www.nih.gov/research-training/medical-research-initiatives/mecfs
神経疾患・脳卒中研究所(NINDS)主導のNIH横断ME/CFS研究作業部会究作業部会です。(Trans-NIH ME/CFS Working Group)
The European ME/CFS Biomarker Landscape project: an initiative of the European network EUROMENE
ヨーロッパでバイオマーカー研究を推進するためのプロジェクト。2012-2016にどのような研究が行われてきたか確認できます。
■臨床研究 ClinicalTrials.gov
サイト内検索によりME/CFSに関する臨床研究(リツキサン(Rituximab)やアンプリジェン(Ampligen)も含めて)を確認できます。

(更新日 2017-12-16)

PAGETOP
Copyright © ME/CFS-info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.