筋痛性脳脊髄炎 / 慢性疲労症候群 情報サイト
  • HOME »
  • 症状と診断

症状と診断

筋痛性脳脊髄炎 / 慢性疲労症候群(ME/CFS)では以下のような症状が現れます。

主な症状

発症前は可能だった日常的な活動(仕事、学校、日常生活など)の能力が著しく損なわれている

・疲労倦怠感を伴い、6カ月以上続く。
・通常の疲労とは全く別物である。
・この疲労倦怠感は、重症であることもあり、過負荷な活動のせいではなく、睡眠や休息で回復せず、発症以前には無かったものである。

労作後倦怠感(post-exertional malaise, PEM)

・発症前にはなんともなかった身体的・精神的活動で、ME/CFSの症状が悪化する(クラッシュと呼ばれるもの)
・労作後倦怠感の間、思考力低下、睡眠障害、喉の痛み、頭痛、重度の疲労感などのME/CFSの症状悪化や症状出現がある。
・回復には数日、数週間、それ以上かかることがある。外出困難や寝たきりになることがある。労作後疲労感をひきおこす要因やその期間を、患者が予想することがむずかしいことがある。

睡眠障害

十分な睡眠をとっても、体調が良くならない。入眠や睡眠に支障が出ている。起きた時に、寝る前と同じような疲労倦怠感があるなど。

また少なくとも下記いづれかの症状

思考力低下、記憶障害(ブレインフォグ)

起立や座位で症状が悪化する(起立不耐症)

他のよくある症状

以下はよくみられる症状です。
・筋肉痛
・関節痛(腫れ・赤みなし)
・頭痛(新たに現れたり、悪化した症状として)
・首やわきの下のリンパ節の圧痛
・喉の痛み
・IBSなどの消化器症状
・悪寒・寝汗
・アレルギーや過敏症(食べ物、香り、化学物質、光、音)
・筋力低下
・呼吸困難
・異常心拍


診断について

「診断基準」をご確認下さい。

関連する病気について

ME/CFSは全身にさまざまな症状を呈することが多いですが、まだ特効薬がありません。「関連する病気」があてはまる場合は、その治療で症状が軽くなることがあります。「関連する病気」をご確認下さい。

臨床医のための手引書

ME/CFS研究班が、国際ME/CFS学会編「臨床医のための手引書 2014年版」 日本語翻訳を掲載しています。


参考:Symptoms of ME/CFS | Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS) | CDC

(更新日:2021‐05‐04)

PAGETOP
Copyright © ME/CFS info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.