筋痛性脳脊髄炎 / 慢性疲労症候群 情報サイト
  • HOME »
  • 病気の基礎知識

病気の基礎知識

筋痛性脳脊髄炎 / 慢性疲労症候群(Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome, ME/CFS)は、これまで通常の日常生活をしていた人が突然、原因不明の激しい全身倦怠感におそわれる病気です。休息をとっても回復せず、強度の疲労感とともに、微熱、頭痛、筋肉痛、脱力感、思考力低下などが長期にわたって続くため、健全な社会生活を送れなくなります。
ME/CFSは一般的な慢性疲労とは全く別物です。

  • ME/CFS患者は発症前と同じように活動することが難しくなります。
  • 入浴や食事の準備などの日常生活の能力が変わります。
  • しばしば就労・就学・社会参加の継続が難しくなります。
  • 症状が何年も続き、重度の障害になることがあります。
  • 国内ME/CFSの約3割は、寝たきりやそれに近い状態で介助が必要です。

病気の原因を明らかにするため、神経・免疫・内分泌など様々な観点で、研究が進行しています。

・診断は専門家合意の診断基準で行われます。バイオマーカーの確立が急務です。

・国際疾病分類では、神経系の疾患として明記されています。
08 神経系の疾患 > 神経系のその他の疾患 > 8E49 ウイルス感染後疲労症候群 ・慢性疲労症候群 ・筋痛性脳脊髄炎 を含む(WHOのHP)

症状に応じた十分な治療や療養、および社会支援が必要です。治療方法の開発が急務です。

・ME/CFSの診療に消極的な医師が少なくないため、専門医が極めて少なく、何年間も未診断や誤診が続いているケースがあります(例:気の持ちよう、病気になりたいだけ、身体はどこも悪くないといった認識誤り)診療体制の整備が急務です。

厚生労働省の実態調査結果

・ ME/CFS研究班が、国際ME/CFS学会編「臨床医のための手引書 2014年版」 日本語翻訳を掲載しています。


参考:
日本医療研究開発機構(AMED)障害者対策総合研究開発事業 神経・筋疾患分野「慢性疲労症候群に対する治療法の開発と治療ガイドラインの作成」研究班

CDC Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome

厚生労働省「慢性疲労症候群の日常生活困難度調査事業」(H26)

(更新日:2022-05-30)

PAGETOP
Copyright © ME/CFS info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.