筋痛性脳脊髄炎 / 慢性疲労症候群 情報サイト

参考:カナダの診断基準(2003)

カナダの診断基準は2003年に作られ、中等度や重症をよく同定できると言われています。

カナダの診断基準(2003)

1疲労感(必須)
2労作後の倦怠感・疲労感(必須)
3睡眠障害(必須)
4痛み(必須)*
5神経学的/認知機能の障害(下記2つ以上)**
・錯乱
・集中力低下、短期記憶障害
・見当識障害
・情報処理、分類・単語検索の困難
・知覚・感覚の障害
運動失調、筋力低下、筋線維束収縮は一般的。認知機能、感覚機能、感情の過負荷が起きることが有り、クラッシュや抑うつをもたらすことが有る。
6以下3カテゴリーのうち、2カテゴリー以上で、各1つずつ以上。
・自律神経系の障害(起立不耐症、立ちくらみ、極端な蒼白、吐き気やIBS、頻尿や排尿障害、動悸、労作性呼吸困難)

・神経内分泌系の障害(体温調節障害、汗や再発性の熱感、四肢の冷え、暑さ・寒さ耐性低下、体重変化、適応性の低下やストレスによる症状悪化)

・免疫系の障害(リンパ節圧痛、再発性の喉の痛み、再発性のインフルエンザ様症状、倦怠感、新たな食物過敏、薬過敏、化学物質過敏)
7症状の継続が6カ月以上(小児は3カ月が適切)

*痛みや睡眠障害が無いけれども、ME/CFS以外にあてはまらない例が少数あるが、感染症後発症ならばME/CFSと考えてよい。
**ME/CFS発症前に他事由により不健康で、明確なトリガが無かったり、徐々に、またはいつのまにかに、ME/CFSを発症している場合もある。

※除外診断、併存疾患は下記の原文をご確認下さい。

参考:
Canadian Consensus Criteria – MEpedia
〇(原文)Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome: A Clinical Case Definition and Guidelines for Medical Practitioners – An Overview fo the Canadian Consensus Document

PAGETOP
Copyright © ME/CFS info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.