筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 情報サイト

関連する病気

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群では全身にいろいろな症状を呈することが多く「関連する病気」を確認することは大切です。
以下の病気を疑うような症状がある場合には、筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の主治医に伝えて相談したり、該当の病気を診れる医療機関を受診し、検査を受けたり治療をすることで、少しでも症状を軽くできる場合があります。

「国際的合意に基づく診断基準(2011年)」に示されている併存疾患

線維筋痛症
・全身の様々な部位に慢性、移動性の激しい痛み
(参考)リウマチ情報センター:線維筋痛症
筋筋膜性疼痛症候群
・筋肉を痛める原因がないのに酷く慢性的な筋肉痛
(参考)筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会
顎関節症
・口が開きにくい、ずれた感じ
間質性膀胱炎
・頻尿、尿意切迫感
(参考)快適な排尿をめざす全国ネットの会:間質性膀胱炎
レイノー現象
・寒冷時に手指が蒼白くなり次第に紫色に
(参考)メイクマニュアル:レイノー現象
僧帽弁逸脱症
・自覚症状が無い事が多いが、頻脈、不整脈、胸痛、息苦しさ、めまいなどが出ることがある
(参考)メイクマニュアル:僧帽弁逸脱症
偏頭痛
アレルギー
化学物質過敏症
・微量の薬品や化学物質により粘膜や皮膚の炎症など
(参考)化学物質過敏症情報センター
橋本病
・首の腫れ、むくみ、体重増加など
(参考)伊藤病院:橋本病
シェーグレン症候群
・目や口の乾燥、疲れやすいなど
(参考)シェーグレン症候群情報サイト
反応性うつ病
(参考)gooヘルスケア:反応性うつ病

上記以外で併発/類似の病気

脳脊髄液減少症
・起立性頭痛など
慢性疲労症候群と類似・共通する部分のある病気と言われています。
物理的に髄液が漏れ出している場合にはこれを止める処置を検討する必要があります。該当する症状があって、髄液漏れが見逃されている可能性がある場合は脳脊髄液減少症の診察ができる病院を受診しましょう。
(参考)
脳脊髄液症患者・家族支援の会北海道「絆会」
脳脊髄液減少症を知っていますか Dr.篠永の診断・治療・アドバイス
山王病院脳神経外科Dr高橋浩一:脳脊髄液減少症について
起立不耐性
・起立性頻脈(POTS)起立性低血圧(OH)など(頭痛、息切れ、めまいなど)
ここ数年でME/CFSの主症状と見なされるようになってきました(*1)。髄液漏れがないが起立性の症状が強い場合はこちらも確認すると良いでしょう。
日本では子供の起立性調節障害がフォーカスされがちですが、海外では大人に起立不耐性の症状がでることが認識されています。
なお起立試験が2、3分の短時間であったり寄り掛かった状態で行うと十分に評価できない場合がありますのでご注意ください。
(参考)
筋痛性脳脊髄炎患者では9割が起立不耐症を合併
Medscape:Orthostatic Intolerance(日本語でちょうどいいページがないのですみません・・)
睡眠障害
・夜眠れない、朝起きれないなど
こちらもME/CFSの症状のひとつと見なされています(*2)
他の症状が原因で睡眠の質が悪いというより、睡眠障害としての症状が強い場合は、睡眠障害としての治療も検討するとよいでしょう。
(参考)睡眠障害センター:睡眠について
副腎疲労症候群
・午前中の体調が極端に悪い
朝のコルチゾールの分泌が不足しているために朝起きれない状態です。(一方のうつ病ではコルチゾールが多く分泌されていると言われており、朝起きれないという症状は同じでも内分泌的には真逆の状態と言われています)
(参考) アドレナルファティーグ
遅発性フードアレルギー
・アレルギーのある食事をとると、数時間後や翌朝に体調悪化
(参考)三番町ごきげんクリニック:遅発性フードアレルギー
=====

(*1) 米国医学研究所(IOM)提唱の診断基準(2015)
(*2) 国際的合意にもとづく診断基準(2011)【B】神経系機能障害

ご注意

一部、医療機関のホームページを示しましたが、参考情報として掲載しているものです。特定の医療機関を薦める意図はありません。

PAGETOP
Copyright © ME/CFS-info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.