筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 情報サイト

お薬

合うお薬は患者さんによって異なりますのでご注意いただき、主治医とよく相談して服用してください。
(更新日 2017-04-15)

■ 補中益気湯

慢性疲労症候群では比較的よく使われるお薬で、全身倦怠感や免疫力低下などを改善することができるといわれています。

詳細はこちらをご確認ください。
漢方スクエア 慢性疲労に使ってみよう

ただしのぼせなどの副作用が強い場合には控えるようにしましょう。
■ 十全大補湯
■ コエンザイムQ10(ノイキノン)

コエンザイムQ10は身体の中でエネルギー産生や抗酸化作用に重要な物質ですが、このような作用が低下してると思われる慢性疲労症候群の患者さんが服用すると、作業効率や睡眠の質を改善できるといわれています。

詳細はこちらをご確認ください。
カネカ 慢性疲労症候群に対する還元型コエンザイムQ10の改善効果について

ただしお腹の調子が悪くなるなどの副作用が強い場合には控えるようにしましょう。
■ ビタミンC

抗酸化作用により疲労感を軽減すると言われています。
■ イミダペプチド

疲労感を軽減すると言われています。
詳細はこちらをご確認ください。
https://imida.jp/
■ カルニチン補充

アセチルカルニチンの濃度低下を補充し症状をやわらげると言われています。
■ ノイロトロピン, リリカ など

線維筋痛症の合併などの疼痛をやわらげます。
■ SSRI, SNRI など

セロトニンやドーパミンの代謝異常に有効と言われています。
■ 和温療法

詳細はこちらをご確認ください。
http://mecfsinfo.net/treatment/others
■ 様々な伝承療法など

【参考】
神経治療学 Vol. 33 (2016) No. 1 p. 40-45 慢性疲労症候群の病態機序とその治療 渡邊 恭良, 倉恒 弘彦
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnt/33/1/33_40/_pdf

PAGETOP
Copyright © ME/CFS-info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.