筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 情報サイト

参考-米国における診断基準

こちらは米国疾病管理予防センター (CDC) が定めている、現在米国で使用されている診断基準です。改訂は行われていますが、基本的に1994年の診断基準を踏襲した内容になっています。

今後は「米国医学研究所(IOM)提唱の診断基準(2015)」「国際的合意に基づく診断基準(2011)」を踏まえて、内容が見直しになる可能性があります。

米国(CDC)の診断基準

1著しい慢性疲労感が6カ月以上連続して続き、それがいま行っている労作に起因するものではなく、また疲労に関係する疾病によるものではない
2疲労感が日常生活や仕事を明らかに妨げている
3以下の8つの症状のうち4つ以上が6カ月以上続く
労作後の全身倦怠感が24時間以上続く
睡眠をとっても回復しない
短期的記憶や集中力の明らかな機能障害
筋肉痛
複数の関節に痛みがあるが、腫れや圧痛は認められない
頻繁で繰り返される喉の痛み
首またはわきの下のリンパ節の圧痛
頭痛(以前と異なる種類、パターン、酷さ)

<参考>CDC Chronic Fatigue Syndrome Diagnosis 

PAGETOP
Copyright © ME/CFS-info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.